機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアの症状

  • 食欲がない
  • すぐにお腹いっぱいになる
  • 胃 (みぞおち)が痛い
  • 胃のあたりが熱い

 

機能性ディスペプシアとは?

機能性ディスペプシアとは、検査で異常がないのにも関わらず、胃の痛みや胃もたれなどに悩まされる病気です。

機能性ディスペプシアの定義はこちらですが、とても難しく長いので私がカンタンに訳しています。

症状の原因となる器質的、全身性、代謝性疾患がないのにもかかわらず慢性的に心窩部痛や胃もたれなどの心窩部を中心とする腹部症状を呈する疾患

出典:機能性ディスペプシアのガイドライン

心窩部という聞きなれない単語がありますが、みぞおちのことです。

みぞおちの場所は、あばら骨=肋骨が狭くなって、隙間がなくなる直前のあたり。

胃と食道の境目にあたります。

このあたりの不快な症状に悩まれるのが機能性ディスペプシアです。

 

いまや国民の10%が機能性ディスペプシアといわれています。

便秘で悩む人が14%なので、その多さがお分かりいただけるかと思います。

「私の周りには同じ症状の人がいない・・」

と悩む方、わかります。

まわりに気を使わせるのが嫌で、あまり人にいわない患者さんが多いです。

そのせいか、病名を知る人も少なく、情報も十分とはいえません。

このぺージでは機能性ディスペプシアの症状や原因、治療法をご案内いたします。

 

機能性ディスペプシアの症状

機能性ディスペプシアは4つの症状が特徴的です。

海外では、次のうちどれか1つが3ヶ月以上続くと機能性ディスペプシアと診断されます。

食後膨満感、早期膨満感、心窩部痛、心窩部灼熱感

難しい単語が続くので解説いたします。

 

・食後膨満感・・食べた後にお腹が張る、それが苦しい。

・早期膨満感・・すぐにお腹がいっぱいになってしまう。あまり食べられない。

・心窩部痛・・さきほどお伝えしたみぞおちが痛む症状です。

・心窩部灼熱感・・みぞおちが焼けるような感じがします。

あてはまる症状はありましたでしょうか?

日本ではこれらの情報をもとに医師が診断しますので、3ヶ月以上悩まされていなくても、機能性ディスペプシアと診断される場合がございます。

 

機能性ディスペプシアの原因

いつくかありますので、主なものを解説いたします。

胃や十二指腸の運動異常

空腹なときにお腹がなるという経験があると思いますが、これは90分に一回のペースで胃腸が大きく動いて、中の掃除をする、食べ物を送りだすときに出る音です。

機能性ディスペプシアの方は空腹時強収縮が少ないようです。

実際にお腹が鳴らない人が多いです。
(反対に鳴りすぎて困る人もいます )

だから食べ物がなかなか胃や十二指腸から腸に送り出せない。渋滞してしまい胃もたれ、気持ち悪くなります。

内蔵知覚過敏

 機能性ディスペプシアの方は膨満感や不快感を感じやすいことがわかっています。

胃が過敏になっているということですね。

知覚過敏というと、よく虫歯を想像される方が多いと思いますが、胃でもおこるようです。

1つ確実なことは、痛みや不快な症状に晒され続けると、より痛みを感じやすくなる、知覚が過敏になるということがわかっています。

2002年の日本で行われた研究で、不安が強いほど痛みを感じやすいということがわかっています。

つまり不安を感じる痛い余計不安になる、という悪循環がおこっているわけです。

心理的社会因子

心理的社会因子、つまり幼少期の体験やストレスなどがあると起こりやすい。

機能性ディスペプシアにおいては不安の解消というのが大きいテーマで実際に一部の抗うつ剤が効果があったという研究もあります。

感染性胃腸炎

胃腸風邪のことです。

胃腸風邪を引いた人は、そうでない人より6ヶ月後に2.5倍も機能性ディスペプシアになりやすい。ということがわかっています。

十二指腸を免疫が攻撃と言われていますが、個人的には胃腸風邪は下痢したり、抗生剤飲んだりして腸内環境も乱れるので、そちらが関わっているのかなとも思います。

同じように胃腸風邪のあとに下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群を発症することが多いことも知られています。

胃腸は一本の管で繋がっているので、影響すると考えるのが自然かなと思います。

運動や不眠、食事などのライフスタイル

揚げ物やバターなどの高脂肪食は胃での消化に時間がかかるので、機能性ディスペプシアの人にとっては重い一撃になります。

といっても、実際は食べたくても食べれない人が多いように思います。

運動や睡眠の影響は、まだ確実なことはわかっていません。

あまりに運動不足、睡眠不足な人は解消することをおすすめいたします。

 

一般的な病院での治療

胃酸を抑える薬と胃の運動機能を改善する薬の処方が第一選択肢になります。

投薬治療で良くなる方も多いので、まずはこちらをご検討ください。

 

グリーンノア鍼灸院の治療

薬を飲んでも良くならない場合、当院にご相談ください。

胃の動きを改善

ストレスで動きが悪くなった胃にたいして、ツボに鍼をすることで胃の動きが改善することが実験で知られています。

犬に大音量の雑音を効かせるストレスを与えると,胃の空腹期の収縮運動が完全に停止してしますが

これも足三里に鍼刺激をすると,音響ストレスによる障害がなくなり,(胃の)収縮運動が回復します。

(中略)

これは鍼刺激が副交感神経を興奮させ,ストレスに曝されていても交感神経の緊張を抑制して,

損なわれていた胃腸運動を回復させることを示しています。

出典:科学も認めるはりのチカラ

 

胃の周りの神経に働きかける

胃の痛みにはお腹の周りの神経が関わっている場合があります。

この神経は前皮神経(ぜんぴしんけい)とい呼ばれ、この神経が背中やお腹の筋肉でしめつけられると機能性ディスペプシアにそっくりな痛みが出ます。

これを前皮神経絞扼症候群(ぜんぴしんけいこうやくしょうこうぐん)と呼びます。

お腹や背中が硬い、痛い方はあてはまる可能性が高く、当院でも実は前皮神経絞扼症候群だった、という方はとても多いです。

こちらに対して神経のDNMデルモニューロモジュレーティング)という手法を用いて施術いたします。

お腹の神経をゆっくりストレッチする方法でまったく痛みがないので

サポート体制

通院中は気になること、相談したいことがある方は、LINEで相談いただけます。

また、患者さま向けの食事アドバイスやセルフケアを掲載した専用サイトをご用意していますので、治療を受けていない時間も回復に充てることができます。

患者さんの声

数回の処置でしたが調子が良くなりました。

ありがとうございました。

昨年から胃の不快感があり1年ほど処方された薬を服用してましたが良くならず娘に紹介されて「グリーンノア」さんに治療してもらいました。

3回目の治療後に胃の不快感が少し残ってましたが4回目が終わってからはほとんどなく調子が良いです。

舟橋みきや
ありがとうございます。年単位の症状が改善したようで、こちらも嬉しいです。これからは食生活を楽しんでください。

価格

価格 時間
初回 ¥9,000 約90分
2回目以降 ¥7,000 約60分

次回予約を窓口でいただくと、2回目以降500円割引いたします。
価格は全て税込です。

 

© 2021 グリーンノア鍼灸院 Powered by STINGER