首・肩の症例02 猫背で首と肩もこる例

患者

20代 男性

症状

頭痛はないが、首や肩がとにかく凝って仕方ない。

 

所見

肩こりの方で多いのは、横から見ると肩が前に出ているケース。
この状態が続くと肩が凝って仕方ないので、まずはこれを治す治療を行う。

その後は首の治療を行う。

首はまず様々な方向の動きを確認する。

ここで問題のある動きがあれば、その治療も一緒に行います。

今回の方は①〜④全ての動きに痛みやはり感があった。

施術内容

まず座った姿勢で肩が前に出ているのを治療する。

その後、首の治療に移る。

首は直接鍼を打たず、背中に数本うつことで治療する。

加えて、首の前側のこり感があったので手のツボを使って治療する。

活法の坐骨切りで肩の治療を行い、肩が緩んだことを確認して完了とした。

考察

首のコリ感は背中や手のツボ、肩は坐骨(股関節)に問題があった。

多くの症状は離れた場所に原因がある。

本例も離れた場所の原因を看過できたので奏功に繋がった。