その他の症例08 歌う際に喉がひっかかる・喉の閉塞感

患者

20代 女性

症状

2年前から歌う際に喉の引っかかりを感じ始めた。

徐々に喉に閉塞感や、喉に力が入ってしまうといった症状が出始める。

人前で歌うことが多い為、耳鼻科を受診するも「なるべく喉を使わないように」という指示に留まった為、すがる思いで当院に来院した。

 

治療内容

1回目

首の筋肉を確認すると、喉の周囲〜首全体に強い緊張が見られた。

また、首の可動域の制限も存在した為、首の治療で呼吸を楽にすることができれば声も出しやすくなると判断。

手足のあるツボと背中のツボに刺鍼。

治療後は首の可動域が広がり、声も出しやすいことを確認し、1回目の治療を完了とした。

 

2回目

1週間後に来院。

前回の治療後、声は明らかに出しやすくなったとのこと。

前回の治療に加え、痛みのあった左肩の治療を行う。

痛みがかなり軽減したことを確認し、2回目の治療を終える。

 

3回目

前回の治療後、2年前の良かった時の声が出せるようになり、とても嬉しかったとのこと。

首の可動域制限がまだ少しあった為、背中のツボに刺鍼。

また、右側の喉の周囲に緊張が見られた為、そこの治療も行い、治療完了とした。

 

同時に治療した症状

首・肩のこり感

 

考察

喉の違和感を抱えているケースは目立たないようで意外と多い。

本例のような喉を酷使するケースであれば、より喉の違和感を抱えやすいものである。

発声の仕組みは複雑であり、喉の解剖学的な位置からしても直接触れたりすることは困難。

今回は、足のツボで喉の状態を整えるといった鍼の特性が活かせたことで、このような結果に繋がったといえる。