腰痛・股関節の症例01 重いものを持とうとして腰が痛くなった例

患者

30代 女性

症状

 

5日前に職場で重いものを持とうとしてから腰が痛くなった。

痛みは強く、寝返りと後屈(立って腰を伸ばす動き)ができず、座っていても痛い。

さらにかばって生活していたせいか、背中まで痛くなってきた。

治療内容

1回目

「重いものを持とうと腰を屈めた時」

「腰を伸ばせない」

という2つの動きに注目し、うつ伏せで足にある2つのツボを使いたいところだが、そもそもうつ伏せの姿勢が厳しい状況なので、活法の”揺り戻し”という技を使った後、股関節に関わりの深いツボに1本鍼を打つと、なんとかうつ伏せになれる状態になる。

うつ伏せで先の2つの動きに対応するツボに鍼をすると、来院時に比べて痛みが半分くらいになる。
立ち上がって身体を後ろに反らすとまだ痛みはあるが、この時の痛みも確実に減っている。

2回目

前回から1日あけて来院。

痛みは減っているが、立ち上がり時の腰痛と、寝返りをうつと腰が痛くて目が醒めることが気になった。

こういった「どんな時に痛いのか」の情報がとても重要で、ここがはっきりしているほど治療効果も上がりやすいです。

今回は、立ち上がり時の腰痛に効くツボに鍼をして、その後、腰全体の調整を活法で行うと、腰痛が完全に消失した。

また、腰痛の消失に伴い、背中の痛みも気にならなくなった。

考察

痛みが強くとも、「どんな時に痛むか」がしっかり把握できれば治療効果が出ます。

今回の例のように「痛い部位をかばっていて痛くなった」ケースでは、最初に痛くなった部位が治れば、自然と解消するケースが多いです。

また、痛い部位である腰には1本も鍼を使うことはありませんでした。

痛い部位に直接鍼を打つ行為は、どうしても患者さんへの負担が大きいもの。

当院では患者さんにとって極力負担の少ない治療を心掛けています。