喉の違和感

喉の違和感(ヒステリー球・梅核気)とは

喉に異常がないのに,喉のつまり・違和感・ひっかかる症状のことをヒステリー球または梅核気(ばいかくき)と呼びます。

また別名で梅核気(ばいかくき)と呼ばれますが,これは梅の種が詰まったような症状をさします。

人によって呼び方が違いますがこの2つは同じ症状をさします。

難しい言葉では咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とも言います。

他の症状として,声が出しにくかったり,かすれたりすることもあります。

ヒステリー球といっても精神症状があるわけではありません。

ヒステリーの語源は、ギリシャ語の「子宮」に由来すると言われています。

骨盤内に溜まった血液が精神症状を引き起こすなどと言われていて、女性に多いと思われていたためこのような名前になったのでしょうね

出典:みらいクリニック

とのことでヒステリー球も喉になにか球が引っかかっているような症状のことです。

 

ヒステリー球なのかをチェックするには

まず大きな病気がないか病院で検査することが一番必要です。

耳鼻咽喉科などでチェックしてもらいましょう。

  • 喉の奥になにかひっかかる
  • ツバを飲み込むときにひっかかる
  • 喋ったりするときにひっかかる

などが特徴的な症状です。

ヒステリー 球とげっぷ

この2つは別の症状ですか,ヒステリー球とげっぷや胃もたれなどの胃の症状が併発するようなら逆流性食道炎の可能性があります。

というか自分とそうでした。

喉もずっと違和感があり,うつ伏せ(下向き)で寝るとげっぷが出るという症状に悩まされていました。

げっぷもヒステリー球も原因は逆流性食道炎の可能性が高かったのですが,なかなかこの2つを結びつけられずに苦しんでみえる方が多いのが現状だと思います。

ヒステリー球の場所はどこ?

ヒステリー球は明確にここ!という場所はしめしにくいものですが,イラストの赤い部分のあたりになります。

「喉の奥」や「喉の中」といった表現をされる方が多いですね。

ヒステリー球と吐き気,痰との関係

胃酸が逆流すると色々な症状がでます。

そのひとつがヒステリー球なのですが,喉の粘膜が胃酸で刺激されると吐き気がする場合があります。

人間は口の奥や喉を刺激されると吐きそうになります。

これを嘔吐反射と呼ぶのですが,歯医者さんで経験したことがあるかもしれません。

また痰がよく出るとお悩みの方も多いです。

胃酸の逆流で痰が増加するかは不明ですが,自分の感覚としては

胃酸が喉の粘膜に触れる感じが痰のように感じるのではないかと感じています。

実際に喉の違和感が消失すると痰の訴えもなくなることが多いです。

喉の違和感の原因は?

原因不明の喉の違和感の原因は大きく分けて2つあります。

  • 胃の問題(逆流性食道炎)
  • 喉の筋肉の問題

胃の問題は胃酸が逆流して,食道や喉が刺激されて喉の違和感を感じるという仕組みになります。

胃酸は大変強い酸で,ステンレスを溶かすほどですので食道粘膜にとっては大変強い刺激になります。

もうひとつは喉の筋肉の問題があります。

食道や喉に異常がないのに喉に違和感がある場合,喉の筋肉の張りが違和感の原因となっている場合があります。

例えば,首が凝っていると頭痛がすることはよく知られています。

原因:首のコリ

結果:頭痛

という図式です。

同じように

原因:首のコリ

結果:喉の違和感

という図式もあります。

喉と首の距離は近いですからね

特にこの黄色い筋肉(胸鎖乳突筋)が張っていると喉の違和感・首のコリを感じることが多いです。

まとめるとこのようなイメージになります。

ヒステリー球にストレッチ?

喉に違和感の出るヒステリー球ですが上記の通り喉の筋肉が原因の場合もあります。

確かめ方として,座った状態で天井を見上げてください。

この時に首の後ろや背中が詰まる感じがする,または首の前側が伸ばされる感じがするのであれば首の筋肉のこりが原因の可能性があります。

ストレッチで解決できる可能性は低いのが現状ですが確かめるためにやってみてください。

ヒステリー 球の治し方

ヒステリー球の治し方はまず原因となる疾患がないか検査する→大きな病気やはっきりした原因がなければヒステリー球の治療をするという流れになります。

ヒステリー球の治療でよく行われるのは漢方薬や鍼です。

ヒステリー球でよく処方される漢方は半夏厚朴湯

ヒステリー球の治療でよく処方されるのは半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)です。

当院で漢方の処方はできませんが,お悩みの方は薬局は医院で相談するといいでしょう。

ヒステリー球・喉の違和感とはり治療

鍼では,手足のツボに鍼をすることで首の緊張や胃酸の逆流をコントロールすることで喉の違和感の解消を目指します。

内臓-体性反射という仕組みを用いた考え方です。

内臓-体性反射とは?
鍼刺激が中枢神経系において内因性オピオイオドペプチドであるエンドルフィンダイノルフィン等を増やすこと、種々の感覚刺激が自律神経系を介して、末梢器官(消化管機能、泌尿器、循環器、内分泌器官)に作用する

出典:痛みと鎮痛の基礎知識

つまり,体の表面に鍼の刺激を与えるだけ内臓の調子を整えることができる,ということです。

ものすごくシンプルにまとめるとこのような図式になります。

ヒステリー球でよく使うツボ

ヒステリー球,喉の違和感には合谷や開魄というツボを使います。

合谷についてはこちら

開魄についてはこちら

どちらも喉ではなく手や足にあるツボです。

喉に直接鍼をうつのはリスクが高すぎますので,こういった離れた場所にあるツボを使います。

更新日:

Copyright© グリーンノア鍼灸院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.