喉の違和感(ヒステリー球・梅核気)

喉の違和感(ヒステリー球・梅核気)とは

喉に異常がないのに,喉のつまり・違和感・ひっかかる症状のことをヒステリー球または梅核気(ばいかくき)と呼びます。

難しい言葉では咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)とも言います。

声が出しにくかったり,かすれたりすることもあります。

喉の違和感の原因は?

原因不明の喉の違和感の原因は大きく分けて2つあります。

  • 胃の問題(逆流性食道炎)
  • 喉の筋肉の問題

胃の問題は胃酸が逆流して,食道や喉が刺激されて喉の違和感を感じるという仕組みになります。

胃酸は大変強い酸で,ステンレスを溶かすほどですので食道粘膜にとっては大変強い刺激になります。

もうひとつは喉の筋肉の問題があります。

食道や喉に異常がないのに喉に違和感がある場合,喉の筋肉の張りが違和感の原因となっている場合があります。

例えば,首が凝っていると頭痛がすることはよく知られています。

原因:首のコリ

結果:頭痛

という図式です。

同じように

原因:首のコリ

結果:喉の違和感

という図式もあります。

喉と首の距離は近いですからね

特にこの黄色い筋肉(胸鎖乳突筋)が張っていると喉の違和感・首のコリを感じることが多いです。

まとめるとこのようなイメージになります。

喉の違和感とはり治療

ものすごくシンプルにまとめるとこのような図式になります。

 

手足のツボに鍼をすることで首の緊張や胃酸の逆流をコントロールすることで喉の違和感の解消を目指します。

 

投稿日:

Copyright© 半田市の鍼灸院 グリーンノア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.