胃もたれ

胃もたれしてる人に絶対伝えたい話

強い胃もたれがずっと続いて、食事が取れずに困っていませんか?

今回はそんな状態からの抜け出し方を紹介します。

 

胃もたれってなに?

胃もたれは胃が重く感じること。

原因は食べすぎ/飲み過ぎと言われますが、胃の消化能力が落ちていても起きます。

食べたもの>胃の消化能力

ですね。

胃もたれが長引いてるひとは胃の消化能力が落ちています。

これは消化に必要なものがそろってない状態だから、なんですね。

これを解決するために,「まず消化とはなにか?」を知っておく必要があります。

消化を知る

消化は食べ物を吸収しやすく変えることです。

僕らの体は食べ物をそのまま吸収することができません。

胃は2つの方法で食べ物を消化します。

蠕動運動(ぜんどううんどう)といって心臓のように(あんなにダイナミックではないですが)動いて食べ物をまぜてやわらかくします。

大事なことは,この消化活動にもエネルギーが必要,ということです。

 

消化にもエネルギーが必要

人間のエネルギーはATPというものです (名前は覚えなくて大丈夫です)

ATPの材料は炭水化物と脂肪です。

胃が消化活動するのにもATPが必要なんですね。

もう1つの消化方法は消化酵素です。

消化酵素とは,胃酸のことです。

これらの原料はたんぱく質なんです。

 

さっきいったATPの原料が炭水化物と脂肪,

そして消化酵素の原料がたんぱく質でした。

この3つが3大栄養素と言われて大事なんですね。

つまり,栄養不足で消化能力は当然落ちます。

 

胃もたれが長引く原因

僕も3日間断食したことあるからわかりますが,断食明けは梅干しとか,味噌汁の汁だけ飲んだりするのが基本です。

ものは試しに牛丼食べてみましたが,凄まじく胃もたれしました。

あなたが魚屋さんだとして,包丁の刃がボロボロな状態で魚さばくの,大変ですよね。

胃もたれが長引いてる人も同じです。

食べてないし,タンパク質や脂質の多いものを避けている人が多いのでまずそれらを摂りましょう!

といってもいきなりお肉をがっつくと自分と同じ運命になります。

 

解決法

摂りやすいのはプロテインです。

ただ胃もたれがひどいひとはプロテインを嫌がります。

気持ち悪くなりそう,って思いますよね。

だいたい65kgの人を目安に計算されているので,最初は半分〜4分の1くらいからスタートすると気持ち悪くなりにくいです。

 

またプロテインを溶かすのは牛乳か水ですが,オススメは白湯ですね。

胃の動きは冷たい水よりも,白湯くらいの温度の方が活発化するので,おすすめです。

 

さっきの三大栄養素でいうとこれで炭水化物とたんぱく質がとれました。

あと1つが脂質です。脂質は肉に多く含まれますが、お肉って言うハードル高いですよね。

これも方法考えました。

くるみやナッツに脂質が多く含まれるので、食べれるひとは食べてください。

苦手な方は

バターを溶かしてプロテインに混ぜます。

量が難しいのですがマグカップ1杯分なら小さじ1杯くらいから始めるのがおすすめです。

バターをレンジで溶かしてプロテインに入れます。

解凍モードで10秒ずつ確かめながらやらないと、派手に爆発するので注意です。

自分も試しましたが、マグカップ1杯に対して小さじ1杯なら味は変わりません。

慣れたらもう少し増やしてもいいかもですね。

レンジ温めるときは普通にやると爆発するので(バターが),解答モードで温めてください。

 

まとめ

この方法で胃もたれを克服した患者さんもいるので,オススメです。

皆さん食事制限は十分にしていますよね?

それでも良くならない理由は、消化能力が低下してるから、です。

この方法で少しずつ戻していきましょう!

-胃もたれ

© 2020 グリーンノア鍼灸院 Powered by STINGER