【鍼灸院開業】院を求めて三千里

      2016/11/26

院を求めて三千里

タイトル通り、鍼灸院の店舗探しの記事です。

往診専門でやっていた僕ですが、専門学校に入る前からずっと「いつか自分の院を持ちたい」と思い続けていました。

そんな僕がこだわりたかったポイントは・・

 

電動ベット

まず、電動ベットを使いたかったんです。

身長188cmの僕は、高さ調整可能な電動ベットは必須でした。

電動ベットでも普通のベットでも治療内容は変わりませんが、施術者側の負担が段違いです。

ここにはお金をかけたかったです。

 

スクリーンショット 2014-11-26 13.51.54▲手術台と同じモーターを積むsj-200

 

条件

もちろん、建てるのではなく賃貸で探します。

『事務所やサロンの内装が残ってて、少しの改装で済んだらなあ』

ムシの良い考えかも知れませんが、『棒ほど願って針ほど叶う』なんて言葉の援護射撃もあり、スケルトン物件以外で探します。

鍼灸院の最低面積は大まかに9.9㎡=おおまかに3坪、6畳です。(あくまで最低で、ですよ)

そこに諸々条件を加味して物件を選んでいくわけです。

僕が考えた条件が

① インパクトのある作りであること
②自然と調和していること
③機能的であること(≠殺風景)
④ベット3台置いても余裕があること
⑤半田市にあること

①インパクトのある作りであること

人はまず外観から入りますからね。ライバルも多いご時世、外観も重要な要素です。

②自然と調和していること

僕の尊敬する建築家、フンデルトヴァッサーの影響です。屋上緑化とまでは言わないので、室内 に植物を配置出来るスペースがあればな最高です。

③機能的であること(≠殺風景)

1と相反しそうな話ですが、あまりに奇天烈すぎるデザインや、段差だらけなデザインはご遠慮  したいという程度の話です。

④ ベット4台置いても余裕があること

これは、ベット2台体制+なにかあった時用にもう1台という計算式です。

⑤ 半田市にあること

地元でやるわけなんで、当然ですが半田市から外れるわけには行きません。

これだけの条件を引っさげて、いざ物件選びに出発!

鍼灸院、物件探しの旅

将来の店舗を探す為、不動産屋さんに片っ端から電話してみます。
「予算」「坪数」「立地」などを伝えると、どの不動産屋さんもスムーズに対応してくれました。

こちらが出した条件としては

「予算」が12万円以内/月

「坪数」は20坪弱 「立地」は今のところこだわらない

というアバウトなものでした。

すると意外にも、物件が出て来る出て来る……

しかしいざ見に行ってみると、古過ぎたり、作りが特殊過ぎたり、1階の駐車場が雨で浸水していたり(雨の日に見に行くのはおすすめです、思わぬことが分かります) と、なかなか条件に見合ったところは見つかりません。

しかし動き回っていると、運が向こうから寄ってきたようです。

ー求めよ、さらば与えられん「新約聖書」ー

 

半田市の小高い丘の上、周りの目を引くオシャレな喫茶店の横にその建物は佇んでいました。

坪数17、エアコンあり、リフォーム中、元サロン。

入り口は自動ドアで玄関には石のモニュメント。

そして家賃が驚きの10万円。

ビビッときましたね。

即座に脳内で繁盛している院の風景がBGM付きで流れます。

 

「借ります、ここにします!」

 

鍼灸院、物件探しの旅、完

しかし運命とは無情なもの。

それから1週間後に運命の分かれ道とも言える電話が掛かってきます。

「リフォームに思ったよりお金が掛かったので、5万円/月値上げします」

ー人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇であるーチャップリンー

 

鍼灸院、物件探しの旅、未完

そんなんありですかって突っ込む余裕すらなく、あれよあれよという間に他の借り手が見つかり、この話は流れていきました。

悔しさのあまり、自転車で半田市内を夜中に走り周りました(実話)

今回ばかりは運に見放された…。

一度借りてるところを想像していたが為に、失恋にも似た気持ちになってしまいました。

この先、あそこよりいい物件になんて巡り会えるハズがない。。

失意のどん底で過ごしておりました。

しかし、幸運の女神というのは、もっとも苦しい時に現れるのが常のようです。

 

 

失意の果てに

前回は失意のドン底に落ちた話でしたが、どん底期間は結構長く、2ヶ月程は物件を探す意欲すら失せ気味でした。

こういうピンチの時に性格が出るもので、未練がましく貸り損なった物件を夜な夜な見に行く…なんてことはなく、ネットを徘徊し、他の方の開業時の苦労話を読んだりして、心の安寧を得ていました(あまり変わらない)

そして夏が過ぎた頃、とある不動産屋さんから物件を紹介されます。

前回家賃が突然高騰した会社とは違うところです。

善は急げ、百聞は一見に如かずということで早速見にいきます。

ー運を待たず、運を取りに行く人が成功するー安田善次郎ー

GET LUCKY

そう、幸運とは突然やってくるものです。

その物件は、

  • 元ネイルサロンということで規格外に綺麗な内装
  • 周囲は閑静な住宅街
  • 17坪と余裕の広さ
  • 隣はオシャレなケーキ屋さん
  • 広い駐車場

と願ったり叶ったりの物件でした。
↓見に行った当時の状態
IMG_4364IMG_4197

しかし物件運のない時期が長かったせいか、幸運が直撃している事にすら気づきません。

「しばらく考えます」なんて保留して帰ってきてしまいました。

しかし何人かの友人に話すことで冷静さを取り戻し、即検討するとの返事をします。

これはもう借りるしかない・乗るしかない、ビッグウェーブに!!

続きの記事は初めての開業です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 - 院長の話