吐き気

吐き気とは?

嘔吐しそうな不快感のことです。

 

吐き気の原因

吐き気の原因はさまざまで

脳・内臓などの病気が原因のものから、感情の高ぶりなど精神的なものまで幅広いです。

急に始まった強い吐き気は命にかかわることもありますので、必ず病院で検査をうけてください。

また、慢性的な吐き気の場合も一度病院で検査を受けることをおすすめします。

ここでは、検査で異常がない方向けに吐き気について解説いたします。

 

原因のわからない吐き気は?

原因のわからない吐き気について解説します。

検査しても原因がはっきりしない吐き気の原因として3つの種類が考えられます

胃酸がノドまで逆流することによる刺激

胃酸がノドに触れることで吐き気を感じる場合があります。

歯医者さんなどで、口の奥を刺激されたとき、「オエッ」っとなったこと経験はありませんか?

これは嘔吐反射といい、異物が体に入ってこないための仕組みです。

お気づきの通り、逆流性食道炎などであがってきた胃酸でノドが刺激されると、この嘔吐反射がおきます。

 

消化不良による気持ち悪さ

消化不良で吐き気を感じることがあります。

どういうことでしょう?

吐き気というのは、吐く一歩手前の状態です。

吐くことを嘔吐反射といいますが、この反射には発動条件があります。

その1つが胃が伸展されたこと。

胃は袋の形をしていますので、この袋が伸ばされたときに嘔吐反射がおこります。

袋なので、中身がいっぱいになると伸ばされます。

たとえば食べ過ぎて胃がパンパンになったときですね。

極端に食べすぎたときに吐きそうになった経験が、一度はあるのではないでしょうか。

もちろん、これを読んでいる方は食べ過ぎているわけではありません。

前振りが長くて申し訳ないですが、

食べ過ぎでなくても、消化不良で食べ物がずっと胃にある=胃もたれしていると、

胃の伸展がおこり吐き気がおこります。

ガスで胃が張る気持ち悪さ

消化不良と仕組みは同じですが、原因が違うパターンです。

詳しくはお腹が張るのページでも解説していますが、

人間の腸の中に水素やメタンのガスが存在します。

通常は腸で取り込まれたり、おならとして体外に出されますが、腸の動きが悪いと胃の方に上がってきます。

このガスで胃の中で広がるので、胃が張って気持ち悪くなってしまいます。

ガスが上がってるので、げっぷのような症状を伴うことが多いです。

 

吐き気の解決方法は?

逆流性食道炎、消化不良、ガス症状が吐き気の主な原因です。

当院では逆流性食道炎や消化不良の治療は鍼で行い、ガス症状は食事改善と鍼を組み合わせて行います。

全国でも珍しい吐き気の症例を掲載していますので、お悩みの方はぜひご覧ください。

症例22 半年以上つづく吐き気

  患者 40代男性 通院期間 2ヶ月 施術回数 8回 通院ペース 週に1回   半年前から吐き気に悩まされている。 月に一度は気持ち悪さで起きていられなくなってしまうが,嘔吐して ...

症例20 吐き気が強く食事が摂れなかった例

  患者 60代男性 通院期間 2ヶ月 施術回数 5回 通院ペース 週に1回   退職後もジムで運動するなど,健康的な生活を送っていた。 3ヶ月前に胃腸風邪をひいた後,声が枯れ,ノ ...

症例13 吐き気とノドの違和感で心療内科に通院していた例

  患者 30代男性 通院期間 2ヶ月 施術回数 8回 通院ペース 週に1回 3年前から吐き気とノドの違和感に悩んでいる。 特に緊張すると吐き気に襲われるが,実際に吐くことはない。 5年前に ...

症例14 食後や朝に胸やけと口の中が酸っぱくなる

  患者 30代女性 通院期間 1ヶ月 施術回数 4回 通院ペース 週に1回 ここ2ヶ月ほど吐き気や口の中の酸っぱさや胸やけに悩んでいた。 特に食後や朝に症状が出るため、なにを食べていいかわ ...

症例16 気持ち悪さで食欲がなく、過敏性腸症候群の腹痛もある例

  患者 30代男性 通院期間 2ヶ月 施術回数 6回 通院ペース 週に1回 3ヶ月前から気持ち悪さに悩まされている。 1ヶ月前から強い腹痛が出たため,病院を受診すると過敏性腸症候群と診断さ ...

© 2021 グリーンノア鍼灸院 Powered by STINGER